牡蠣サプリなら副作用を減らせる

牡蠣サプリなら副作用を減らせる

亜鉛サプリで腹痛などが起こる方におすすめなのが、牡蠣サプリです。亜鉛サプリを選ぶのではなく、牡蠣を原料としたサプリを選びましょう。
・ 栄養は単体のほうが副作用が強くなりやすい
・ 複合的な栄養素で副作用を緩和しやすい
亜鉛サプリだと亜鉛のみを補給する目的で売られてます。では本当に自分が亜鉛不足なのか考えてみましょう。もし食事で十分の亜鉛が得られていたとすれば、更に亜鉛サプリを飲むことで過剰摂取になりやすいわけです。明らかに亜鉛が不足し、血液検査などで亜鉛を補給するよう医師に指導された場合は別です。その場合は亜鉛単体でも良い効果が得られることもあります。
その代わり亜鉛が体内にどのくらいあるかわからない方は、牡蠣サプリのほうが良いでしょう。牡蠣は食品の中でも亜鉛含有量がナンバー1ですから、亜鉛補給目的としても役立ちます。更に亜鉛のみが過剰摂取になりにくく、単体で摂るより腹痛が起こりにくいと感じられます。
○ ポイント
腹痛が起こりやすい方は、牡蠣サプリがおすすめです。牡蠣は頻繁に食べる食材ではありませんから、サプリを使うと効果的に栄養を補給できます。牡蠣は海のミルクとも呼ばれるほど、栄養価が高く様々な栄養補給に役立ちます。