持病をお持ちの人は注意

持病をお持ちの人は注意

亜鉛自体は毒性が弱く、副作用の頻度も少ないのですが、持病をお持ちの方は注意したほうが良いでしょう。胃腸での吸収率が変わったり、薬の飲み合わせで吸収が高まることもあるからです。
・ 持病がある方は医師、薬剤師に相談してから
・ 亜鉛は薬ではないため過剰摂取で効果が高まらない
持病がある方は薬との飲み合わせ、胃腸での吸収率が変わることもあるため、医師や薬剤師に相談してから飲みましょう。この方法なら過剰摂取になりにくく、腹痛などの副作用は起こりません。例えば病気の影響で体の抵抗力が下がっている方なども、亜鉛サプリで強い影響を受けるかもしれません。
亜鉛サプリは薬とは違い、過剰摂取で病気が治ったり、体調が良くなるものではありません。病気をお持ちの方は、治療にまずは専念し、症状が軽くなってからでも良いでしょう。亜鉛を使った栄養療法は専門家に相談の上、利用することをおすすめします。
○ ポイント
亜鉛サプリは体調が悪いため服用しようと考えている方も多いと思います。もし持病をお持ちで、症状があまり良くないなら病気を治すほうが先決です。サプリはあくまでも健康維持目的のため、過剰摂取に注意し病気の治療では使わないようにしましょう。